固定残業代制を導入する企業に入るメリットは何ですか?

・固定残業代制の企業に転職予定です。
・そもそもこれらの制度を使う企業ってブラック企業なんですか?

口コミでも多く見かける「固定残業代制=ブラック企業」
この数式は本当に成り立っているのでしょうか?

結論からいえば、一概にブラック企業とはいえません。
ただし、確率的には多いと言わざるを得ません。

これらの制度を導入する企業の特徴に理由が隠されています。
なので、見極めるポイントを掴んでおく必要があります。

では、どんなポイントを見るべきなのか?
いくつかのポイントを解説すると、

【見極め方1】求人票などの募集要項について
【見極め方2】労働条件通知書の記載内容について
【見極め方3】固定残業時間の超過分の扱い方について

参考:固定残業代制の導入企業はホワイト?ブラック?【違法性と見極め方も解説】

特に見るべきは求人票の記載方法。
求人票にしっかりみなし残業代と固定残業時間を記載していればホワイト。

しかし、まったく明示されていない場合ブラック企業と判断できます。

以上のポイントを遵守し見ていけば確率は下がります。
ブラック企業への入社を避けたい方は、ぜひ参考にしてみてください!