柔軟性の向上と心肺機能の改善

私は普段からベンチプレス、スクワット、デッドリフトなど、いわゆる筋トレBIG3を中心に毎日の習慣としてジムで筋トレに励んでします。また、趣味で格闘技のブラジリアン柔術をやっています。現在の年齢は40過ぎていますが、いまだ現役で道場に通っており、よく若い道場生とスパーリングをしています。毎日の筋トレの成果も有ってか筋力に関しては、全く衰えていると感じる事はないのですが、柔軟性や心肺機能は年を増すごとに不安を抱えるようになってきました。20代の時は5分間のフルスパーリングを一日10本こなしても問題がなかったのですが、今は3分動いたくらいですぐに息が上がるようになってきてしまったのです。それと、筋トレのやりすぎで身体が硬くなっているのが分かります。私が通っているブラジリアン柔術の道場にもヨガコースがあり、現在、約一か月受講しています。静止したポーズが多い為、見た目はそんなに難しそうには見えませんが、やってみると全身からの発汗量は筋トレしている時の比では有りませんし、筋トレよりもきつく感じました。身体の内部から改善されているように思います。また柔軟性も上がってきていますので、これまでブラジリアン柔術の技の中でできなかった動きができるようになったり、怪我の防止にもつながっていると思います。ヨガと言えば女性のみのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、男性が練習しても十分 体力(特に心肺機能)や柔軟性の向上に役立つと思います。私の場合はブラジリアン柔術という競技を続けてい行く上でヨガの練習はパフォーマンス向上にとても役立っています。
SOELU お試し